遺産相続で注意したい分割のこと

相続

・遺産相続でよくあるトラブル
遺産相続ではトラブルになることもしばしばあります。
特に遺産相続で多いトラブルが、遺産分割協議の際で発生することが多いですね。
遺産分割協議というのは、遺産がどれくらいあり、それを誰がどのように相続するのかを話し合う協議となっています。
この遺産分割協議で家族間がトラブルになり、その後に絶縁してしまうということもあるので、十分に気をつけて話し合いを行っていくことが必要です。
また、その他にも遺産相続ではトラブルになることもあり、実際に遺言書で遺産の内容が歪曲させられていたりするなど、度々トラブルが発生します。
これらの相続に関しては法律で決められているので、法律を遵守して相続を行っていくことが必要となるでしょう。
なお、トラブルなどが発生した場合は、第三者を交えて話し合うことをおすすめします。
特に費用はかかるものの、専門家などを使うのが良いと言えます。

・遺産相続でトラブルにならないために
遺産相続、特に遺産分割のことでトラブルにならないためには、すべてを明確にすることが最低限必要となってくるでしょう。
まずは、被相続人が遺した財産や資産について、事細かくすべてチェックしましょう。
現金はもちろん、住宅や土地などの不動産、車、株、有価証券などなど、色々なものが遺産として残っている可能性があります。
それらをすべて把握した状態で遺産分割協議を行えば安心です。
また、法定相続人に関してもしっかり調査していくことが必要となります。
被相続人にとっての法定相続人は、配偶者と子供がメインです。
しかし、配偶者も子供もいない場合は、本人の両親や兄弟姉妹、いとこなども相続の対象となる場合があります。
また、被相続人が過去に結婚していて、そこに子供がいる場合も相続の対象となります。
このように、後からトラブルにならないためには法定相続人の調査も重要です。

・相続放棄に注意
家族の中には、遺産を必要としておらず相続放棄をするということもあるでしょう。
実際に相続放棄には条件などもほとんどないため、相続したくないと思った場合には、それぞれの法定相続人に相続を放棄する権利があります。
例えば、大規模な借金やローンが残っているものを相続すれば、法定相続人にとってはただのマイナスでしかありませんよね。
そういう場合には相続放棄という手段を取ることができるのです。
ただ、相続放棄をすると相続する権利自体を手放すことになるので、本来受け取るはずだった遺産が他の家族で分割されることになります。
そうなると税負担なども変わってくるので、十分に相続放棄にも注意しておきましょう。