預貯金の遺産分割

遺産分割は相続の対象となっている財産を相続人同士で分け合うことを言いますが、相続財産の中でもっとも遺産分割がしやすい財産と言えば預貯金ではないでしょうか?
預貯金は被相続人の口座に入っている現金をそのまま相続人で分け合うだけなので、分かりやすいですし、明確な分トラブルに発展する可能性も比較的少ないと言えます。
しかしまったくトラブルにならないかと言われればそうではなく、ほかの相続財産との兼ね合いでトラブルに発展してしまうことは考えられます。

たとえば相続人Aは土地と建物を相続することになっているのですが、評価が思ったより低かったので、その分を預貯金を相続する相続人Bに渡して欲しいと迫ったりするケースはありますし、そもそも法定相続分の割合について知識がないと自分が長男だから、自分がもっとも被相続人に貢献したからという自分の理由だけで遺産分割を迫ることもあります。
ですから、預貯金の遺産分割に限らず、まずは遺産分割とはどのようなシステムになっているのか、また法定相続分はどうなっているのかを相続人全員が知っておく必要があります。

法定相続分の割合としては配偶者がいる場合は配偶者が全体の2分の1、子供が残りの2分の1を相続することになっていますし、配偶者のみで子供がいない場合は父母祖父母が繰り上がり、この場合は配偶者が全体の3分の2、父母祖父母が残りの3分の1を相続します。
子供も父母祖父母もいない場合は配偶者が全体の4分の3を、兄弟姉妹が残りの4分の1を分け合います。
配偶者がいない場合は子供が相続財産を分け合うことになり、子供もいない場合は父母祖父母、兄弟姉妹のみの場合は兄弟姉妹がそのまま相続します。

さらに遺言書が残されている場合はその内容に沿って進めていくことになりますので、法定相続分は関係なくなってしまいます。
遺言書に沿って相続を進めて行く場合は弁護士によって遺言書を開封し、裁判所で検認をしてから手続きをします。