遺産分割の方法

家族が亡くなった後、遺産相続をすることになると思いますが、相続人が複数いる場合遺産分割をしなければなりません。
遺産相続はトラブルになりやすいとよく言われますが、その大きな原因のひとつになっているのが遺産分割だというのはご存じでしょうか?

まず遺産分割とは相続人同士が話し合いで決めることが多く、そういったイメージを持っている人がほとんどだと思います。
実際に財産の分け方は相続人同士で話し合って決めるのがもっともスタンダードですし、相続人同士が納得できれば遺恨が残ることもありませんのでスムーズです。
相続人が集まって財産の分け方を協議することを遺産分割協議と言い、遺産分割協議の内容を記載した遺産分割協議書を作成しておけば、相続登記などの手続きにも使えます。

しかし遺産分割の方法は必ずしも遺産分割協議だけで決められるわけではありません、相続自体はほかの選択肢もあります。
たとえば相続人間の関係があまりよくない、あるいは遺産分割協議の途中でトラブルになってしまった場合、その後続行することは難しくなることはよくあります。
そういったときにはあらかじめ法律で決められている法定相続分を分け合うという形を取ります。

法定相続分は被相続人との関係で相続権や相続できる割合が決められ、配偶者がもっとも優先順位と相続できる割合が多く、次いで子供、父母祖父母、兄弟姉妹という順番になっています。
法定相続分に沿って遺産分割をする場合は特に話し合いが必要になるわけでもありませんので、事務的に進められますしトラブルはなくてもあまり遺産がないので時間をかけたくないというケースでもこの方法を適用させることがあります。

そして遺言書が残されている場合はその内容が優先されますので、遺産分割協議をする必要がありません。
遺言書はまず弁護士によって開封されたあと、裁判所で検認を行い、そこで問題がなければ遺言書通りに相続を進めていくことになります。