税理士に相談しよう

遺産分割をスムーズに進めたいけど、どのようにしていいのか分からない、意外とそういう人は多いと思います。
遺産相続は多くの人が経験するものですが、何回も経験するわけではありませんので、分からないことが多いのも当然ですし、少しかじった程度の知識しかないにも関わらず自分たちだけで進めていくとトラブルの原因にもなりかねません。

また、遺産分割が終わったら相続人が各自相続登記をしなければなりませんし、相続税が発生するかどうかもチェックして、相続税がかかる場合は税務署へ申告しなければなりません。
相続税の申告は法務局で手続きできますから、相続税がかかることが分かったらできるだけ早くやっておくことをおすすめします。

相続税がかかるかどうかはまずプラスの財産からマイナスの財産を引き、その後基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いて出てきた金額が対象になります。
基礎控除額は3,000万円+(600万円×法定相続人の数)で計算することができますので、たとえば法定相続人が3人いる場合は3,000万円+(600万円×3)となりますから基礎控除額は4,800万円となります。
配偶者控除は基礎控除額の範囲内あるいは1億6,000万円を超えないというのが条件になっていますので、被相続人の配偶者になる人は優遇されています。
そして相続税の対象となる金額に応じて税率が決まっているので、それに当てはめて計算していきます。

ここまで簡単に説明しましたが実際にやってみると意外と難しいこともありますし、専門的な知識も必要になりますのでできれば税理士に相談しながら進めることをおすすめします。
特に相続財産の種類が多い場合はそれぞれの財産によって必要な書類も変わってくることがありますし、何より申告漏れなどのトラブルがあった場合はペナルティが発生してしまうので相続税とは別にお金を支払わなければならなくなります。
そういったことを避ける意味でも税理士の存在はとても心強いのです。