放棄をしたい

遺産相続をするときにはまず相続人となる人を確定させ、遺産分割の対象になる財産を明確にするため戸籍調査と財産調査を行います。
その結果、相続人となる人たちが集まって遺産分割協議を開き遺産分割について協議するというのが一般的です。
しかし遺産分割の対象となる財産は相続人にとってプラスになるものだけでなく、中にはマイナスになってしまうものも含まれていますから、そういった場合に相続したくないと考える人も出てくるでしょう。

遺産相続は相続人が必ず相続しなければならないというわけではなく、もし自分が相続しても負債を背負いきれないと判断した場合は相続を放棄することができます。
そこでここでは相続の放棄について説明していきますので必ず覚えておいてください。

はじめに相続の放棄とは文字通り遺産分割の対象となる財産を相続することを放棄する権利のことで、これを行使した場合はすべての財産の相続をしないことになります。
したがってマイナスの財産だけでなくプラスの財産も相続できなくなりますから、もし一部相続したいと思ってもできませんので注意してください。

そしてもうひとつ注意しなければならないのが相続放棄の期限で、これは被相続人が亡くなってから3カ月以内にすることと定められています。
通常相続登記や相続税の申告は被相続人が亡くなってから10カ月以内にすればいいので少し時間に余裕がありますが、相続放棄の場合はあまり時間がないのでしたいと思ったらできるだけ早めに行動しなければなりません。

相続放棄をできる人は当然相続人のみで、手続きをするのも相続放棄をする相続人になります。
この際にほかの相続人の同意を得る必要はありませんので、自分が放棄したいと思ったら手続きを進めて構いません。
相続放棄の手続きは家庭裁判所へ行って行うことになりますから相続放棄申述書や印紙代などを持って手続きをしてください。
もし分からないことがあれば専門家へ相談するといいでしょう。