保険金は遺産分割の対象になる?

一般的に保険金(死亡保険金)は遺産分割の対象にはならないと言われていますが、これは必ずしもすべてのケースに当てはまるわけではありません。
保険金は相続に関係ないと勝手に判断した結果、相続税が発生してしまっていることに気付かず申告が遅れてしまったり、あとから分かってほかの相続人とトラブルになることも考えられるので、保険金が遺産分割の対象になるときとはどんなケースなのかきちんと把握しておきましょう。

はじめに保険金について考えるときに3人の登場人物が出てくると思います。
一人目は契約者、二人目は被保険者、三人目は受取人です。
契約者とは保険料を支払っている人、被保険者とは保険がかかっている人、受取人とは保険金を受け取る人です。
この組み合わせによって遺産分割の対象になる場合とならない場合がありますから、考えられるケースをあげて説明していきます。

たとえば契約者が相続人で被保険者が被相続人、受取人が相続人だった場合、これは相続人が自身が保険料を支払っているため相続の対象にはなりません。
また、受取人が指定されていない場合も相続の対象にはなりません。
一方で契約者と被保険者がどちらも被相続人だった場合ですが、これは受取人が指定されている場合は遺産分割の対象にはなりません。
指定されているのが相続人だったとしても同じで、受取人の被相続人以外で指定されているものに限ってはすべて対象にならないのです。

それでは遺産分割の対象になるのはどういうケースかと言うと、契約者・被保険者が被相続人で受取人も被相続人自身に指定されている場合、そして受取人が指定されていない場合です。
この場合、どちらのケースも受取人が不明確な状態になってしまっているので遺産分割する以外の方法がありませんから、対象の財産になるのです。
このように保険金は必ずしも相続の対象にならないわけではありませんから、もし相続財産から除外したい場合は被相続人が生前にしっかり受取人指定をしておくことが大切です。