遺産分割

遺産相続において、相続の対象となっている財産を相続人間で分け合うことを遺産分割と言いますが、遺産分割をするときにはどのような流れで進めていけばいいのでしょうか?

まず遺産相続は遺言書が残されているかどうかでその後の展開が大きく変わってきますから、遺言書の有無を確認するところからスタートします。

遺言書が残されている場合は弁護士によって開封してもらい、その内容が遺言書として有効なものかどうか裁判所で検認してもらわなければなりません。
ただし公正証書遺言の場合はすでに公正証書として作成していますから、検認の必要がないので開封後にその内容に沿って進めていきます。

遺言書によって相続を進める場合は法定相続分に応じて進めるわけではありませんし、本来の相続の優先順位よりもまずは遺言書の内容が優先されますので遺産分割の段取りをする必要がなくなります。
遺産分割が必要となるのは遺言書が残されていないときで、この場合は相続人を確定させることと相続財産を明確にするところからはじまります。

最初に相続人の確定をしなければなりませんが、通常相続人となる資格があるのは被相続人の配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹で、優先順位もこの順番になっています。
また、相続できる割合も配偶者がもっとも多く、たとえば被相続人に配偶者と子供がいる場合は配偶者が全体の2分の1を相続し、残りの2分の1を子供で分け合います。

この際に父母祖父母と兄弟姉妹は相続権は与えられませんが、配偶者のみで子供がいない場合は繰り上がりで優先順位に沿って相続します。
ただ割合は少し違って、配偶者と父母祖父母の場合は配偶者が全体の3分の2を相続し、父母祖父母は残りの3分の1を分け合うことになります。
子供も父母祖父母もいない場合は兄弟姉妹が繰り上がり、配偶者が全体の4分の3を相続して残りの4分の1を兄弟姉妹で分け合う形になります。
被相続人に配偶者がいない場合は子供→父母祖父母→兄弟姉妹の順番で相続権が与えられます。

これはあくまでも法定相続分なので、もっときちんと遺産分割する場合は遺産分割協議を開いて誰がどの財産を相続するのか話し合います。
遺産分割協議は相続人全員が揃っている必要があり、誰か一人でも除外して進めてしまうとそこで決めたことは無効になってしまいます。
したがって必ず相続人全員が確定している状態ではじめなければなりませんので注意してください。
ただし全員で同じ場所に集まって話し合うのはなかなか難しいと思いますので、電話やメール、LINEなどをうまく使いながらやっていくことをおすすめします。
通夜や葬儀のときに相続人となる人が分かっていればおそらく相続について話し合うと思いますので、そのときに今後どういう流れで遺産分割するのか大まかに話しておくといいでしょう。

そして遺産相続の対象となる財産にはプラスの財産とマイナスの財産があって、これらはどんなものがあるのかも知っておかなければなりません。
プラスの財産となるものからあげていくと、マンションやアパート、ビル、オフィスなどの建物や居宅、宅地、農地、山林、借地権、借家権といった不動産や不動産権利、そして現金などの預貯金がよく知られています。
それ以外にも株券、貸付金、売掛金、小切手や自動車、家財、船舶、骨董品、宝石、貴金属、美術品といった動産、ほかにも電話加入権、ゴルフ会員権、慰謝料請求権、損害賠償請求権などもプラスの財産となります。

次にマイナスの財産となるのは借金、買掛金、住宅ローン、小切手などの負債、未払いの所得税と住民税、その他未払いの税金、未払い分の家賃と地代、未払い分の医療費などがあります。
また生活保護受給・国家資格・親権・罰金など、香典、弔慰金、葬儀費用、被相続人が保険金を支払っていない生命保険、死亡退職金、遺族年金など、墓地、墓石、仏壇、祭具、系譜といったものは相続財産の対象にはなりませんので、あらかじめ除外しておきましょう。

こういった相続財産の中から遺産分割していくわけですが、遺産分割したあとの相続登記はどの財産を相続したかによって少しやり方が違う場合もあります。
特に不動産の場合はいろいろな種類がありますし、特殊な手続きが必要になるものもあるので注意してください。
たとえば一般的な土地や建物であれば相続登記をして名義変更をすればあとは自分の意志に応じて使うことができますが、農地の場合はまず農業委員会に届出をする必要がありますし、名義変更したあとに第三者へ譲りたい場合には農業委員会の許可が必要になります。

そして遺産分割をしたら相続税についても考えておかなければならず、相続税がかかる場合は税務署へ納税しなければなりません。
相続税は必ずしもすべての相続人が対象になるわけではなく、相続財産の合計から基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いて出た金額が対象になりますので、まずはその計算をしてみてください。

基本的な相続の手続きの流れはこちらの記事がわかりやすいです。
参考にしてみてください。